貴方の治療イメージは?

1.芸能人のような白い歯にしたい!

生まれつきの黄色い歯や、くすんだ色の歯を、キラット輝く白い歯にしたい。


CASE1
とにかく芸能人のように思いっきり白い歯にしてほしいが希望です。患者さん御本人は思い通りの真っ白い歯になって御満悦ですが、あまりに白いので、作り物に見えてしまうというリスクがあります。
CASE1
CASE1
CASE2
うまれつきの変色歯を白い歯にしたいとのでした。確かに見た目は良くなりましたが、セラミック修復の為には歯を削る必要があり、その為に歯が弱くなるというリスクがあります。
CASE2
CASE2
CASE3
今度テレビ出演が決まったので画面映りの良い歯にしたいとのことでした。元々、歯頸部のラインが左右非対称だったのだが、これを治す為には矯正治療が必要ですが、その時間がとれなかったので歯冠修復のみで見た目を治しました。しかし左右の中切歯の歯冠長が異なるので、真っ正面からのアングルでは少々不自然に見えるというリスクがあります。
CASE3
CASE3

▲ページトップへ

2.歯並びを短時間で治したい!

とにかく短時間で安いコストで歯並びを治したい。


CASE1
結婚式までの1ヶ月で歯並びを治したいとのことでした。時間が無いとのことで歯冠部を削り、内側に入り込んだ側切歯を抜歯しブリッジで治しましたが、削った歯は悪くなるリスクがあるので、理想的には時間をかけて、矯正治療で治した方が良いと思います。
CASE1
CASE1
CASE2
アメリカに海外留学が決まったけど、1ヶ月で奇麗な口元にしたいとのことでした。この症例では抜歯は行わず歯冠補綴で対応したが、削った歯は悪くなるリスクがあるので理想的には時間をかけて、矯正治療で治すことがベストだと思います。
CASE2
CASE2
CASE3
今度御見合いするのできれいな歯にしたいとのことでした。見た目は綺麗になったが元々噛み合わせが悪く、その問題を放置したまま見た目だけを治したので、噛み合わせの問題により補綴物が破損するリスクがあります。理想的には時間をかけて、矯正治療を行なった上で歯冠補綴を行うことが理想的です。
CASE3
CASE3
CASE4
前歯の向きが気になるけど、矯正せずに短期間で治したいとのことでした。見た目は綺麗になりましたが元々噛み合わせが悪く、噛み合わせを放置したまま見た目だけを治したので、補綴物が破損しやすいというリスクがあります。理想的には時間をかけて、矯正治療を行なった上で歯冠補綴で修復するのがベストです。
CASE4
CASE4

▲ページトップへ

3.セラミックで再治療

以前治療した歯が気に入らないので再治療したい。


CASE1
中学生の頃に治した歯がすり減って汚くなったので治してほしいとのことでしたが、以前に歯冠修復を受けている歯牙は歯根破折のリスクがあります。
CASE1
CASE1
CASE2
前に歯を治したんだけど長さが違うのを揃えてほしいとのことでしたが、歯頸部の位置が違う歯牙を歯肉整形のみで対応しましたので後戻りするリスクがあります。
CASE2
CASE2

▲ページトップへ

4.小矯正で歯並びを治す

歯並びを治す矯正治療は時間も費用もかかる治療法ですが、セラミック補綴と矯正する部分を限局的にすることにより、数ヶ月の短期間で治療を終了することができます。


CASE1
歯の数が足りず、顔の真ん中に歯があるのを3ヶ月程度の矯正とセラミック歯で治しましたが、歯の数が左右で異なるので、顔面正中がズレるというリスクがあります。
CASE1
CASE1
CASE2
歯周病で歯が開いてきたのを6ヶ月程度で治しましたが、歯周病によって支持骨が減少しているので管理をしっかりしないと歯周病が進行するリスクがあります。
CASE2
CASE2
CASE3
奥歯に歯が無かったのでインプラントを固定源にして矯正しました。インプラントを固定源にすると非常に効率的に歯牙を移動することができますが、歯を抜歯してAll-on-4などのインプラント治療で見た目を改善する治療と比較すると、見た目を回復するのに時間がかかるというリスクがあります。
CASE3
CASE3

▲ページトップへ